ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.01.10 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.01.11 Sunday

2015年あけました。展覧会

さて、気がつくともう1月も10日を過ぎておりますが、年末年始2つの展覧会に参加しておりました。
1つは今まだ会期中ですので、お時間ありましたら是非お越し下さい。
□会期中の展覧会
http://www.itochu-artsquare.jp
「羊がいっぱい展」
会期:2014年12月19日(金)〜28日(日)
   2015年1月5日(月)〜18日(日)
場所:伊藤忠青山アートスクエア(外苑前から徒歩1分ほど)

羊をモチーフに3点の作品を展示しております。
なお、13日は会場におります。どうぞよろしくお願いいたします。

□すでに終わった展覧会ですが、新年2日〜5日伊勢丹新宿でアートのチカラに参加していました。
そこで
出品していた新作をご紹介


タイトル「葉っぱもの」2014 木彫、鍛金(銅板)


「ブロッコリー」2014 木彫


「ブロッコリー」2014​ 木彫

2点とも、冬の野菜をモチーフにしています。
昨年4月より、アトリエを移転して自宅近くの調布卸売りセンター「深大にぎわいの里」の2階で活動をしています。
1階にはお魚屋さんや、調味料屋さん、お肉屋さんと、様々なお店があります。
特に八百屋さんとはここ半年ほど、畑までお邪魔して、ワークショップなどを行ってきました。

畑で成長する野菜の姿を見たり、旬の採れたて、イキイキした野菜を見る機会がふえ、それらに影響を受け、
自分自身のエネルギーとなる野菜という意味でも、とても興味を持つ様になりました。

そうした環境の中で制作したのが、今回の2点。
今回はストンと急に落ちてくる様にこの形体が思い浮かび、いくらかスケッチで形を検討して、
形を決定し、木を彫っていきました。

私が、学生のころからテーマにしてきた、身体の機能や意識への関心から生み出されて来た作品や、
planimalという造語(plants植物とanimal動物のドッキング)のシリーズにも通ずる作品になった様に思っています。
近年制作して来た、雲の作品より、それ以前の作品のテーマに近いところに戻って来た様です。

いつも、その時その時で私が一番関心があること、 「作らなきゃ」と思ったものを作品にしているので、
自分自身ではなんらこれまでと変わらない流れで制作をしていますが、表面的にはこれまでと少し傾向が違うためか
展覧会で見ていただいた何人かの方には、「だいぶ変わりましたね。」といわれたりしました。
『作風がどんどん変わって、誰の作品だかわからない』となってしまっては困りますが、十分に私らしい作品になっていると
自分では思っております。

さて、それでもともかく今は野菜を作りたい気持ちに駆られておりますので、これからもしばらくは野菜作品が出てきそうです。
それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
2014.11.09 Sunday

夏の新作アップしました。

今年の夏に制作した作品をアップいたします。

展覧会に来てくださった方は、もう見ていただいているものですが
まだの方、本当は実物を見ていただきたいですが、
なかなかそうした機会を作ることも出来ませんので、ご紹介。

■「さがしものは?」Things to look for
2014 石膏 230×280×270mm



少年が雲?山?の中をのぞいております。
ぐるっと回って山の反対側を見ると、足がにょきっとでています。
2011年から制作している雲シリーズの発展系です。



何を探しているのか、見つかるのか見つからないのか。わかりません。


もう一点
■「現実のゆらゆら」(習作2)Wavy reality 、
2014 石膏、木、150×320×110mm



こちらはもう随分と前から暖めている作品のリメイクです。
リメイクといっても、これも模型として、制作しています。
「足」といっても地面に触れていない、大地を踏みしめていない「足」です。
そして、前になかなか進めない、「足」です。

今、この作品(習作)は幅32cm程度しかありませんが、実際には3mぐらいで作りたい作品です。
大人の方が、かかとから登って、足首のところから入って、寝られるぐらいの大きさに作りたいのです。
もちろん、その時は素材は金属で。
今のところ、その制作が出来るだけの、資金も時間もないので作れない。。。
いつになったら作れるか。。

どちらにも「足」がモチーフとして登場しています。
特に「足」をと意識した訳ではないのですが、気がついたらそうなっていて。
それにしても、不思議なもので雲シリーズは2011年以降、特に震災以降の特有の感情、
あるいは感覚で作った作品ですが、それとそれ以前に作った「足」のイメージとが
だんだんどダブってきています。
本質的な部分が以前から変わっていないからなのか、すっかりあのときの感覚を忘れ始めているのか。。
忘れ始めているというのも、正直なところ本当な気がしています。
負の感情は、とどめておくのが辛過ぎるから、忘れる機能が強く働いているんだろうと思うけれど
それはそれで、なんだか、考えてしまいます。


 
2014.10.05 Sunday

歯を抜きました。

先週金曜日、左上の親知らずを抜きました。
歯医者さんで麻酔をして、ものの30秒ほどで抜けてしまいました。
麻酔をしているからさほど痛みも無く、何かぐっと強い力がかかって、自分の体から、すっととれてしまうような感覚。

これは体の一部がとれる、喪失のような感覚なのか、歯に詰まった不要なひっかかりがとれた様な、爽快感なのか
どうもどっちともつかない、不思議な感覚。

そんなことを思いつつ、自分の口の中から取り出された、歯は大きく、そして奇妙に変形したもの。
歯には少し、歯茎がついています。
ちょっと気持ちが悪いものですが。
「へ〜」と眺めていると歯医者さんが
「持って帰る?」と聞いて来たので、もらって帰ることにしました。
先生の質問から察すると、普通は持ち帰らないのだろうか?と疑問に思いましたが、
私としては持ち帰るのが、普通のような気がしました。
だって、自分の体の一部だったわけで、この歯が日々の咀嚼において
役に立っていたか、実際は良くわからないけれど、あるべきものとして、
私の歯として生えて来たことは間違いが無いわけです。

その後、当然ながら痛みもあって食欲は無く、翌日まで余りものが食べられず、
それでも、極端に腫れたり、何日も痛みが続くことは無かったので、一応、一件落着。

歯は命というけれど…なんかこんな言葉では、チープな感じがするけれど
何かあると、日頃の快適な状態に感謝するわけです。
いつも、私の身体さん、周りの皆さん、ありがとうございます。




そして、こちらは歯とは関係ないけれど、先日近所の神代植物園に行ったときの写真。
これはとってもでっかい植物です。
左側に小さく映っている人を見るとその大きさがわかるともいます。
映っている方は子どもではなく、平均的な身体の大きさを持つ、大人の男性です。
秋晴れ気持ちよく。ちょっと夏日で暑いぐらいでしたが、
植物たちを眺めてきました。



 
2014.08.08 Friday

見参展出品いたします。

こんにちは
とっても暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか。

一昨年より参加している「見参展」に今年も出品することになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

会期:8月21日〜25日
会期:タワーホール船堀 1階展示ホール
住所:〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1

詳細はこちらから↓
http://kenzan.jp/exhibitions/kenzan-2014/

次世代アーティスト170名超による渾身の大美術展が江戸川に見参!

特別企画: 「江戸」と「見参」

美術界の次世代を担う作家達が、自らの芸術環境を創造する「見参プロジェクト」。
その入り口となる展覧会「KENZAN」は、前身となる美大生有志によるアンデパンダン展
「遊美」から数え8回目の開催となります。 今回も、各協賛ギャラリー賞の他、
ご来場者アンケートで人気を得た作家への「オーディエンス賞」の授与など、
作家たちにとってチャンスの場となっております。ぜひ皆さまも、ご来場いただき、
若き才能の発掘にご参加ください!

2014.07.02 Wednesday

久しぶりの更新 Haruko Yamada

ご無沙汰です。
4月にアトリエを移転してから猛烈に忙しく、しばらく私自身のブログ更新は滞っておりましたが、
ようやく手をつけることが出来ました。

さて、いくつかのご報告
Saatchi Artで購入できる作品が増えました。
http://www.saatchiart.com/account/artworks/345333



それから、5月は久々に鉄仕事をしました。
お祝いに
新アトリエのご近所で溶接/溶断させていただいております!幸せなことです。




新アトリエはこんなところ。
私だけではなくて、こどもたちや、大人のかたがここで制作活動をしております。
上映会なんかもしてますよ。
どうぞよろしく




 
2014.02.08 Saturday

新作がタグボートから購入できるようになりました。

今日は大雪ですね。
ここ最近見ることの無かった銀世界。
交通機関は大変かと思いますが、めったにない事だから、この寒く静かな雪景色も、心地く感じます。
皆様外出の際はどうかお気をつけて

さて、昨日よりタグボートから購入できる作品が増えました。

昨年末頃に完成した作品そして、今年に入ってから出来上がった新作が登場です。
どうぞよろしくお願いいたします。

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=1510&tngs_flg=1

2014.02.07 Friday

Group exhibition start in NY.

I'm going to join the group exhibition in NY.
I would't be able to be there but please com and enjoy the show!

"BLOOMING"
Feb.6-26,2014
Opening reception:Tursday,Feb 13, 6-8PM

AT:SPACE WOMb gallery
     57 Stanton Street
        
New York, NY 10002
        Tel: 917.444.2667
 

 
2014.01.14 Tuesday

事後報告:正月展覧会「アートのチカラ」展 in 新宿伊勢丹

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本年は年明け早々1月2日より5日まで、グループ展に参加しておりました。
私は小品含め、新作5点+旧作1点の展示をさせていただきました。

総勢70名を超す作家による展覧会、福袋目当てでごった返す伊勢丹7階にてたくさんのお客様をお迎えいたしました。

会場の様子を少しご紹介。


会場入り口


会場に入るとすぐに「瑞兆」という出品作家全員が共通のテーマにて制作した作品たちがお迎えします。


そしてこちらは私の作品ブース

新年より良い駆け出しとなりました。
そして、制作中昨年を振り返ったり、今年の抱負を考えたりしました。
昨年は感じ一文字で表すなら「会」あうという字。
たくさんの人に出会い、忙しい一年でした。
そして、今年は「挑」いどむという一字となる一年としたいと考えております。
そう、今年は挑戦をします!

内容については乞うご期待!
それでは、皆様寒さに気をつけてお過ごしください。

山田
 
2013.10.16 Wednesday

米沢に行ってきました

久しぶりの投稿になります。
ただいま、アトリエ移転計画中で、少しばたばたしております。
普段は自宅の調布市からアトリエのある小金井市まで自転車で通っているのですが、
色々な仕事で空いている時間が2〜3時間というときとてもアトリエまで行けないというのが
とてもネックになってきました。
という事で、もう少し自宅近くの市内でただ今検討中でございます。

そんな、さなかではありますが、先週末は父の実家、山形県米沢市で法事があり、久しぶりに米沢に行ってきました。
親戚が集まれたことも楽しく、短い時間でしたがとても良い時間を過ごしました。


法事の翌日、家族で少し観光をしました。
とっても立派な茅葺き屋根のお寺、笹野観音。


大きな切り株に立つ私。
左側に両親と画面中央あたりに小さく姉と姪がおります。
よい天気に恵まれ、もっと長く居られたらなあと、この地を離れるのを惜しみつつ昼過ぎには新幹線に乗りました。
東京に戻ると、すごい人、人、人。
思うように身動きとることもままならず、どっと疲れてしまった。

さて、ちょっとリフレッシュできたし。またがんばろ〜
 
2013.08.30 Friday

タグボートにて 山田元子 出品作品増えました

 


リンク下記URLより
Powered by
30days Album
PR